×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

初心者も安心な内職で副収入。無料で稼ぐことができるサイトを紹介しています。

お小遣い副収入ゲット

| ご利用案内 | サイトマップ | リンクについて | リンク

Copyright(c)2007 お小遣い副収入ゲット All Rights Reserved.

HOME  >> ホームページを作るためには

どんなホームページを作ればいいか?
ASPは申し込みを行ったオーナーのホームぺージを見て、登録を許可するかどうかを決めます。判断の主な基準は「広告からの売り上げが期待できるような内容があるかどうか?」です。そのためにも、ある程度充実した内容があって、広告主から見ても魅力が感じられるようなサイトを作っていれば審査に通りやすいと思います。

なんといっても、ページを訪れてくれたユーザーが「これは役に立つ!」「楽しい!」と思ってくるような内容になっていれば、その売り上げも自然に増えるのではと思いますね。自分が楽しめるようなホームページでなければ、それを見た人を快適な気分にすることは難しいですし、長続きもしないでしょうね。ここまで続けて来れたのにも,興味をもってくれたリピータがいるからだと思うんです。

自分なりのテーマを決めて、どのようなサービスを提供するかをきちんとイメージしてホームページを作ることが大事ではないでしょうか。
では具体的にどうすればいいのか、以下より書いていこうと思います。今からはじめてみようかなって思った方は、是非参考にしてみてくださいね。

第1に 【ホームページの目的をはっきりさせる】
  目標を常に意識して自分にとって価値のあるものをできるだけ具体的にイメージし、自分のホームページがその方向に正しくむかっているかどうかを常に確認することが重要ですね。できれば目標を実際に紙に書き出していつも目に入るようにしておくといいと思います。私はいろいろとイメージしながら紙ベースから始めました。

得意分野を固めてみる
  まずホームページの個性を出すためにも得意分野で始めることが大切だと思います。また、自分の得意な分野であれば、作成にそれほど苦労せずにすむというのもメリットですね。自分がもっているちょっとした知識を公開することで、思いも寄らない反応がたくさんユーザーから得られるかもしれないからです。

情報量を重視する
  かっこよく作ろうとか、人以上に稼ぐんだという意思も大切だと思いますが、デザインやかっこよさではなくて、ホームページの持つ情報量ではないかと思います。何のジャンルのホームページを作るにしても、質の高いユーザーのアクセスを出来る限り、維持することこそアフィリエイトでの成功にもっとも重要なのではないでしょうか。

良質なユーザーに訴える
  「かっこ悪い」ホームページでもどのホームページで提供している情報があれば、ユーザーからのアクセスは必ずあると思います。情報に対するニーズを持った質の高いユーザー、つまりアフィリエイトに貢献してくれるユーザーがアクセスしてくれる方が「リピータ」としてもつながってくると思いますね。

ページごとのキーワードを決める
  ホームページを作る時には、ページごとのキーサードを決めるといいでしょう。
  キーワードを決めることによって

  ・何のページであるかがユーザーに分かりやすく伝わります
  ・明確なキーワードは検索エンジン登録に有効です。という2つの大きなメリットが得られます。

  ホームページの内容が一目で分かるようにすることが大切ですね。

  リンクをめぐってやっと訪れたホームページのテーマが一目で分からないようではいけないと思いますね。私のサイト自身もまだまだ見直しをしないといけないところがたくさんあるんですけどね。

お小遣い稼ぎについて
お小遣い稼ぎについて
収入を得るまでの流れ
無料メールアドレスの取得
お小遣い受取開設口座
ホームページを作るためには
格安レンタルサーバー
お小遣い稼ぎ
メールでお小遣い稼ぎ
ポイントでお小遣い稼
携帯でお小遣い稼ぎ
懸賞でお小遣い稼ぎ
アンケートでお小遣い稼ぎ
広告収入でお小遣い稼ぎ
アフィリエイトの仕組み
アフィリエイトサービス
アフィリエイト広告で稼ぐ
リンクスタッフで稼ぐ
無料でホームページ作成
無料素材
無料ホームページ
無料カウンター
無料掲示板
カテゴリ別ディレクトリ
ショッピング全般
ファッション・雑貨・アクセ
教育・学校・資格・講座
スポーツ・趣味
電話・通信
美容全般
エンタメ
アート・写真
ゲーム・玩具・ギャンブル
金融
家庭・子供用品・家具
就職・転職・仕事情報
保険
旅行・航空券
結婚情報
コミュニティ
車・バイク
不動産・賃貸・引越
株式・証券
アダルト